スマートスピーカー SRS-XB501Gのご紹介です!! その1 高音質

このまえ、とある携帯ショップへ行ったら、粗品でBluetoothスピーカーをくれました。

一昔前はそんなものはお金出して買ってたような気が・・・ばらまきの販促で使われるなんて・・・

でもね笑 このスピーカーはお金出して買う価値ありますよ♪

特長 : 高音質
これから鍋パ、タコパ、なんちゃらパが回数多くなると思います。
ノリノリで時間を過ごしたいなら、いい音、いい音楽、いい仲間と過ごすのです笑
☟こんな感じ
まずひとつめ・・・

圧倒的な重低音と大音量を両立したスピーカーユニット。一人でも大勢でも大迫力の音で楽しめる

直径約45mm口径のフルレンジスピーカーユニットを2基搭載。さらに大口径直径約125mmのサブウーファーを搭載し、大迫力かつ大音量の重低音を実現。また、低音を強化する「EXTRA BASS」モードを搭載し重低音を存分に楽しめます。加えて高音質デジタルアンプ技術「S-Master」や、圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する「DSEE」など、ソニーが培った先進の高音質技術も投入。ソニーならではの高音質で大好きな音楽をより楽しめます。

2.1chスピーカーユニットを搭載

フルレンジスピーカーユニット2基、サブウーファー1基を搭載した、2.1chスピーカーユニットを搭載。フルレンジスピーカーユニット、サブウーファーいずれの振動板にも、ソニーのオーディオ機器の上位モデルで使われている発泡マイカを採用。特にサブウーファーの振動板は、発泡マイカを二層に重ねて使うことで、高音圧でものびやかで自然な低域と密度感のある中域を再生。

ライブ会場にいるような臨場感「ライブサウンド」モード

DSP処理により低域やボーカルをキープし歓声や拍手、余韻成分を効果的に拡散。ライブの音源を聞く際も、まるでその場にいるような臨場感を実現します。

デジタルアンプ「S-Master」

ソニーが培ってきた高音質デジタルアンプ技術「S-Master」を搭載。音声信号をデジタル処理することにより、音のひずみを抑制。小音量から大音量までどのボリュームレベルでも、クリアで臨場感あふれるサウンドを再現します。また、高効率なスイッチング方式の採用により発熱が少なく、アンプ部の小型化が可能になりました。

圧縮音源の高音域をクリアに再現「DSEE」

圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する「DSEE」。MP3やBluetoothの伝送コーデックなどにより、圧縮された音源を原音により近い広がりのある音で再生します。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聞き疲れしにくい自然な音で楽しめます。

SBC/AAC対応

SBCはもちろん、AACにも対応。iPhone(*)からの音楽をSBCコーデックより音質良く楽しめます。

* iPhoneを使用する場合は最新のiOSにアップデートしてください

ソニーストアで購入すると
34,880 円+税
次回はおすすめ機能の2つめですよ
ソニーストア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

「SonyShopMITAKA」はソニー特約店です。ご購入いただいたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

営業時間・情報

住所:〒440-0826
愛知県豊橋市大井町108
電話番号:0532-62-4524
営業時間:10時~19時
定休日:月曜日

地図

ページ上部へ戻る